資料請求 無料体験授業申込
home > 未環子の部屋 > 「ほんもの」と「まがいもの」 其ノ弐

「ほんもの」と「まがいもの」 其ノ弐

私の父である哲学者:加藤尚武のエッセイ「ほんもの」と「まがいもの」
前回の続きを紹介します。

 

「ほんもの」と「まがいもの」-其ノ弐-

 

「本土決戦」が近づいてくる。

父は、日本地図を広げて海岸線から一番遠いところが、長野県の伊那地方であると判断して、
我が家にあったあらゆる名簿を調べて、伊那地方に縁のある人を探し出して、
姉たちを湯浜から引き取って疎開させる計画を立てていた。
父は「長男はすでに軍人にしてしまったが、下の三人の子どもは
本土決戦になっても絶対に死なせない」と決心していたようだ。

 

母も、その三人の子どもと伊那の山吹村(現在、高森町)に疎開するのだが、
母には自分が出会うかもしれない最悪の事態を
「ありうること」として受け止めないではいられないという心性があった。

 

それは関東大震災に九か月の身重の身体で遭遇して、新富町から芝公園あたりまで、
二キロメートルほどの道を盲目の義母の手を引いて逃れたという経験が、
母の心性の深い基盤を固めてしまっていたからだと思う。
「ご飯を炊き上げてお櫃に移したところで地震が起こったので、そのお櫃を持って逃げた」と
母は話したことがあるが、「恐ろしい目にあった」とは言わなかった。
片手で義母の手を引き、片手でお櫃を抱えて、
げた履きで倒壊家屋の中の道を歩くことは、過度の緊張を母に強いたと思われる。
麻布の知り合いの家から芝公園の中の仮設診療所に移されて、十二月に私の兄を生み落としている。
周辺の人間と比べると母は、本土決戦をはるかに本気で受け止めていた。
「本土決戦に備えよ」という総理大臣のラジオ演説について、
「本土決戦をいまどき決心すべきだなどと語っているのはおかしい」と批判していた。

 

食べ物の質は、急速に悪くなっていた。混ぜ物をふくまない白いご飯は、普通の家庭にはなかった。
砂糖をすこしでも持っているのは、ヤミの取引など
特別の工夫のできるだけの財力や軍部とコネがある人たちなどだった。

 

–続–

top